トップ > BLOG > トピックス > ドイツの写真家、アンドレアス・グルスキーの作品、史上最高額の3億3000万円で落札

ドイツの写真家、アンドレアス・グルスキーの作品、史上最高額の3億3000万円で落札

写真としては史上最高額となる430万ドル(約3億3000万円)で落札

ドイツの写真家、アンドレアス・グルスキーの作品、史上最高額の3億3000万円で落札 ドイツの写真家、アンドレアス・グルスキー氏(56)がライン川を撮った「ラインII」(1999年)が米ニューヨークで競売に掛けられ、写真としては史上最高額となる430万ドル(約3億3000万円)で落札された。(SANKEI EXPRESS)

13日までに、英BBCが伝えた。「ラインII」は6点の連作で、他の作品はニューヨーク近代美術館などで展示されている。これまでの最高額は米写真家、シンディ・シャーマン氏(57)の作品の390万ドルだった。
CATEGORY  トピックス  この記事をTwitterでつぶやく

撮影会へのニューエントリー

もっとエントリー